お客様の

家の数だけストーリーがある

_MG_9655_edited.jpg

リノベーション

伊奈町 Y様邸

風に揺れる家の耐震リノベーション

2021-03-06-17.11.25-1-657x876.jpg

伊奈町にお住まいのY様は10年前に耐震リノベーションを行いました。

当時、強い風が吹くと家が揺れるのが気になっていて、伊奈町が主催する耐震相談会に来られたのが当社と知り合うきっかけでした。
今ある家を最大限に活かしながら、地震や強風に強い家にリノベーションいたしました。
10年経った今はどのようになっているか。Y様邸へお邪魔しました。

当時のご自宅の事を教えてください。

当時は風が吹くだけでも家全体が揺れていて、夜などは特に恐くて寝付けなかったのを覚えています。阪神・淡路大震災で揺れに耐えられず倒壊してしまった家をテレビで見ていたので、いつくるか分からない地震にも怯えていました。

新築とリノベーションどちらにするか迷われましたか?

新築に予算をかけて中途半端にするのであれば、今あるものを最大限に使い、しっかりとしたものを作ってもらいたくて、私たちはリノベーションという選択をしました。
実際に新築で建てた場合と比べると、7割くらいの金額で済んだと思います。
外観などの見た目に関して大きな変更はしなかったものの、家の中での生活がこれだけ快適になったのは本当に嬉しい限りです。

実際にリノベーションを行ってどのように変わりましたか?

夫婦二人、2階に上がる事も少なくなってきたので、生活の基盤となる1階のみをリノベーションをしました。その結果、1階のみのリノベーションだからこその違いを感じることができています。
耐震対策に加え断熱も行っていただいたので、部屋の温度が1階と2階で全く違うんです。
冬でも暖房を入れる事はほとんどありませんし、寒がりだった主人はとても喜んでいます。

佐藤工務店の施工はいかがでしたか?

素人の私たちからすると家づくりはフタをしてしまえば見えない部分だらけですが、佐藤工務店さんは、見えない部分こそ写真に撮ってくださり、随時報告をしてくださいました。
完成した時、それまでの施工の様子を1冊にまとめてくださったのですが、写真1枚1枚にコメントが書かれていて、その施工の丁寧さに、本当にこの工務店を選んでよかったと思ったのを覚えています。
このアルバムは10年経った今でも、ちゃんと保管しています。

​ギャラリー

satou_06.jpg

未来を見据えた家づくり

家は変化する事を前提で考えなければなりません。


子どもが生まれたら。小学生の時期は。思春期になったら。大学入学と同時に家を出てまた二人きりの暮らしになったら・・・。

と暮らし方は変わるものです。

一度木造でしっかりとした家を建ててメンテナンスを行えば、

私たちの家は100年以上もつ自信があります。

お客様にとって笑顔溢れる生活の土台となる家づくり。
これからどんな未来があるのかを一緒にワクワクしながら考えましょう!