お客様の

家の数だけストーリーがある

_MG_9655_edited.jpg

新築

上尾市 Y様邸

猫のお昼寝場所に選ばれた純日本家屋

2021-03-06-17.11.25-1-657x876.jpg

上尾市Y様邸です。

上尾市Y様邸です。新築でご依頼いただきました。
ご近所ということもあり、普段から私たちの現場を見て下さり、丁寧な仕事ぶりを評価していただきご依頼に至りました。
当時はまだ珍しい外断熱を和の家に採用しました。

ご近所の猫がいつも遊びに来てくれる家

毎日朝と夕の2回、ご近所の猫ちゃんがうちの縁側に来て昼寝をして帰って行くんです。
特に餌をあげるから来るというわけではないので、本当に昼寝に最適な場所を選んでくれているんだと思います。
私たちも家の快適さは感じていますが、自由に色んな場所へ行くことのできる猫に選んでもらえたという事は嬉しいですね。
ただ、朝から顔を出さない時は「今日はどうしたんだろうね~。」と話す程、縁側の窓を開けるのは日課となっております。

材木選びから一緒に行いました。

うちは日本家屋の代表的なつくりである大黒柱を中心に「田」の字に部屋があるつくりにしてもらいました。その大黒柱は埼玉県比企郡小川町の(有)島田木工所まで探しに行きました。

化粧野地板も一緒に選びました

お施主様ご自身にご確認いただき化粧野地板も決めました。施工前にこれだけこだわっていただけると建てる側としても気合いが入りました。
私たち建てる側だけではなく、お客様の想いがあって始めていい家が出来るんですよね。

家の快適さを証明してくれるもの

夏涼しく、冬暖かい家だというのは、エアコンをほとんど使わずに済んでいるので実感していました。みなさん驚かれるのですが、夏は部屋を閉め切っていても十分に涼しいんです。
また、家の中に胡蝶蘭があるのですが、胡蝶蘭を育てるのに重要なのは、光、風、温度です。
比較的丈夫と言われる植物ですが冬は「暖かい場所」でないと枯れてしまいます。
しかし、エアコンもなく1年を通して胡蝶蘭が元気でいることができるというのは、この家の快適さを証明してくれていると思います。猫と言い胡蝶蘭と言い、こうして客観的に快適さを教えてくれるのは、自分たちの工務店選びに間違いが無かった事の証明に感じ嬉しいものです。

​ギャラリー

satou_06.jpg

未来を見据えた家づくり

家は変化する事を前提で考えなければなりません。


子どもが生まれたら。小学生の時期は。思春期になったら。大学入学と同時に家を出てまた二人きりの暮らしになったら・・・。

と暮らし方は変わるものです。

一度木造でしっかりとした家を建ててメンテナンスを行えば、

私たちの家は100年以上もつ自信があります。

お客様にとって笑顔溢れる生活の土台となる家づくり。
これからどんな未来があるのかを一緒にワクワクしながら考えましょう!