ブログ

佐藤工務店のあれこれ

性能向上リノベに公的低金利融資制度

昨年9月に住宅金融支援機構さんのヒアリングを受けました。


断熱・耐震等の性能向上リフォーム・リノベーションの実態とどうしたらもっと普及するのか?と言うテーマでした。


私は、補助金の充実と手続きの簡素化、中古住宅のリフォーム・リノベーションへの低金利での公的融資の必要性、そして国民への新築では無く、高性能リノベーションの選択が有る事を伝えることが重要だと提案いたしました。



そして、2022年4月、国土交通省住宅局は、2022年度予算の新事業として、既存住宅の省エネリフォームに対する融資制度を創設しました。


新築だけでなく、既存住宅でも省エネ化支援が不可欠と判断し、新設するものです。


個人向け住宅で断熱工事や省エネ設備の設置工事を行う際、住宅金融支援機構の融資を利用できるようにする。


国は制度創設のための予算としては、住宅金融支援機構への出資金10億円を計上している。


具体的にはまだ運用がいつからとの発表が無いが(10月1日と思われる)、住宅の資産価値を上げる性能向上リフォーム・リノベーションの普及が促進されるのは間違えないと思います。