ブログ

佐藤工務店のあれこれ

築50年の住宅を断熱改修 北本市OS様邸

久々に手強い相手と戦っております。

枕梁と合板接着ビス補強、壁の耐力向上、水平構面の補強、仕口の補強、とやる事がいっぱいです。

隣の部屋を覗くとさらに????如何したらこうなるの。

本当は断熱改修で、天井剥がしたらこの通り、予定外の耐震補強が優先順位上りました。


さて、見ぬふりするかどうするか?

見て見ぬふりできないのが、技術屋の性

枕梁を追加し、接着・合板ビス留めにて合成梁とし、水平構面は4隅に厚合板24mmにて

合板火打ちを設け、壁は耐力壁とする。

ここまでやれば、大地震時にも倒壊は免れるし、建物全体のコアとして地震の力を受けることが出来る。