ブログ

佐藤工務店のあれこれ

省エネ説明義務制度

2021年4月より義務化される、住宅の省エネ性能に対する「説明義務化制度」ってご存じですか?

なんだか良く判らないですよね。

実は2021年4月より住宅も国の最低基準以上の省エネ性能を持たせるために「省エネ義務化」が行われるはずでした。 それが昨年、「説明義務化制度」に変わってしまいました。

これにはいろいろな都合がありました。 国側としては、多分本音は、義務化にすると建築確認の時に内容をチェックしなくてはいけないため、審査期間が長期化してしまうこと それにより、住宅着工に支障をきたすのでは無いかという恐れ。

工務店・設計事務所側 計算したことがない、確認申請図書の温熱計算にお金かかる、工事費も高くなるので契約が取れない、etc

そこで、建築士が省エネ住宅のメリットデメリットをしっかり理解した上でお客様に対して、省エネ住宅であるか否かを説明しなさい これは義務ですよとしたわけです。さすが高級官僚の方は賢いなと思いました。

実質、義務化と同じ事になりますね。

しかし、断熱・省エネ基準に関しては現在の国の基準は低すぎます。 構造もしかり、国の基準って国民の生命財産を守るための最低基準なんです。 省エネ住宅の実績が豊富な設計事務所・工務店を訪れるのが良いと思います。

省エネ説明義務化に関して国交省が漫画を制作いたしました。


漫画って凄いですね、スルスルと入ってきます、是非ご一読願います。

参考に、省エネ住宅を造っている工務店・設計事務所がリスト化された物がありますのでこちらも ご参考ください。


#省エネ義務化 #説明義務化